ハンドメイド作家

手作りクラフト作家としてそれを仕事にして食べていくことは、今はハンドメイド販売サイトが認知され、ハンドメイド作家発掘の楽しさが広まって、作る楽しさと買う楽しさを共有できる土壌が整っています。 そして誰もが参入できる、敷居…

指輪代金の個人支出か経費性か

領収書の但し書き欄に、上様やお品代といったぼんやりした領収書は出さないように通達されている服飾店が結構あるということです。 税務署は基本的に「上様」「お品代」の但書きに対して、怪しく不透明なものとして扱います。 個人事業…

ジュエリーの仕事で

今は在庫をなくしてジュエリーを溶かす時代なのだそうだ。 新しく作る、ジュエリーショップの数よりも、金プラチナ買い取りのショップの方が多く目につくかもしれない。 ジュエリーの学校へ行って、ジュエリーを志したものの、アクセサ…

貴金属の配合

貴金属はその金属の配合によって18kと表わされたり14kと記されたりしています。 それは、24金を100%として、その24分の18だけ金が入っていてその他の6は金以外の金属ということです。 それは、100%に対して75%…

ロジウムメッキについての疑問

プラチナ製のジュエリーには、商品を明るく見せるためにロジウムメッキがかけられています。 シルバー製のジュエリーにも同じロジウムメッキがかかっています。 中身がプラチナかシルバーか、外から見れば同じロジウムの色であり、外見…

インパクトのあるヴィジュアル

見た目の迫力、印象づけることが目的なのだとすれば、それは記憶に残る衝撃的なファッションという意味で大成功なのでしょう。 肉ということをかんがえなければ、斬新なマテリアルだったといえるかもしれないわけです。 素材選びが、食…

ブラックを塗る意味

ブラックを塗るという行為は、通常の赤とかピンクに対するアンチテーゼ的意味ではないでしょうか。 ふつう金とか銀の指輪をするところをあえてブラックのチタンのマリッジリングにするというのも、ある種ふつうへのアンチテーゼだったり…

服装心理学 被服哲学

服とかファッションをあさはかな消費サイクルとして、みにくい経済活動あるいは浪費であってエコじゃないという言われ方は違うんじゃないかと思っています。 社会人ならばだれもが着替えて生活している。 朝、パジャマから着替えたり、…

服装をファッションを社会学として

なぜひとは装うのでしょう、 服を気にしないと言っているひと、服なんてかまわない、ファッションなんてうわべだけで消費を即されている企業にふりまわされているだけだと言っているひとでさえ、服は着ています。そして、なんでもいいと…

色の色んな意味

色であらわすバラ色といえば素晴らしい明るいあした。顔が青いというと 具合が悪いことの意味だし、赤面とか赤らむとか青ざめるとか色は日常のいろいろな場面で登場します. チタンの登場により、色が選べるようになってきている結婚指…

絵になる構図の取り方 テクニック

鴉と彫刻が絵になるのではないです。 これは写真の撮り方のテクニックですね。何かブツのみを撮るよりも小動物を入れるとぐっとストーリーが生まれるものです。 そこに吹き出しでもつけたくなります。セリフはどうしましょうか。楽しく…

メルトダウンかとおもった

金属を高温にして溶融させるときの色。 かと思いきや、ニューヨークの画像。 一瞬炉心溶融の図かとみまがうとは、。 このところ頻繁に起こっている地震。 もう活性化しつつあるような、休火山が復活して活火山になったのか。 忘れ去…

手付かずと手入れ

手つかずの自然。 手の入ってしまった自然。 自然との共存とか、共生といわれるなか、こういう秘境まで放射能って影響しないんかって、こんな素人でも考えるくらいだから、きっと自然を守ろうとか、珊瑚を守ろうとして運動しているひと…

ヒールの高さの常識

普通と違うことをやりたいと思って奇をてらったものを作りたければ、たとえばヒールをどこまでも高く、限りなく歩けなくなるまで高く、歩くことが制限される不自由を美とした時代もあった。 日本の花魁のあのぽっくり。 介添え人なしで…

どんなベクレル そんなシーベルト

表参道のヒロココシノのショップを覗いて。 その帰りに見た本日の報道。 お茶には、生茶。あら茶とか、生の状態と乾燥させた状態で呼び名が違うという。それにより製品が完全に区別されている。 税関を服が通過するのか、布が通関する…

メルトダウン

やっぱり起きていたメルトダウン。 今はもう、中性子とウランがぶつかって核反応が起きて、それによって出た中性子がまたぶつかってまた核反応が起きて、臨界という状態にいっているのかいかないのか、もう慣れてしまったのか、ガイガー…

忘れていいニュース と報道

知らぬが仏をそのままいく放射能の日々。 平然としていられるには、知らないのがいちばんいい。それで大丈夫か。 3号機どうなってるか、再臨界に達していいるかとか今東電が白状するわけがない、国民にしんじつを伝えて危機感をきちん…

商品とアート

何かに意味を生成し、商品とするのかアートといわしめるのか。 預言かたわごとか、そもそも預言とは何か、当たれば預言、外れればたわごととなる。そういう意味を生成するのはだれだろう。

仕事のゆくえ

お取引先もう^う^うなっている。 この不景気に追い打ちをかけた震災で、未曽有の大不況に大震災。それに消費税増税とくればもうどこも火の車である。 職がなければ自分で創出せねばならないけれど、突然なんの需要がどこにあるかわか…

余震と指輪

大震災からちょうどまる一ヶ月たったわけですが、毎日揺れ続けていて、今日の余震も揺れました。すごく長い揺れでした。震源の方ではまた停電となんとも胸にこみあげてきてしまいます。 あの大地震に比べれば小さいとはいえ、 こう何度…

チタンの指輪のカテゴリー

チタンの指輪というアクセサリーがありますが、これが既存のジュエリーの分野で、ゴールドのジュエリーだとか、プラチナのジュエリーといったカテゴリーにいれてもらえず、常にその他のジャンルにカテゴライズされています。

時事ニュースとエンゲージリング

火山噴火や、ニュージーランド地震、関税撤廃から中東問題、原油高と日々駆け巡るニュースとエンゲージリングって、あまりにもかけはなれていて、無力さを思い知ることがあって、そんなこんなで、あるとき、義指の製作依頼を受けた。少な…

注射針ネタと共感するコメント

注射針を見るか見ないか。 まったくの他人であっても、共通の話題で、見るとかこわいとか血管が細いとか コメントは尽きることがない。 なぜなら注射の経験のない人もいなければ、血管のないひともいないから。 そして、それは人間性…